2018年5月6日
 リベクライベント かすみがうら1周ライド

 

リベルタスクラブはスピードの遅い人や

体力に自信の無い人向けのゆるいクラブです。

 

なので、

「ここ、全力スプリント!2回上げて!」

「うォおおおおお~!!!ズキュウウン!」

「ドドドドド!!グゥがががあがっ!!!」なんて

根性系かつ、オラオラ系な事は

基本的に行いません。

 

今回も、みんなで楽しく、

おいしいものを楽しみながらのサイクリングです。

 

ゆるいかどうかは、その人の体力と胃袋次第!

今回も体力勝負&過補給で、

負けず嫌いな人に最適なリベクライベントなのです。

 

  

今回は、久しぶりに、 

実に久しぶりに、

かすみがうらへ行きました。

 

クラブ設立当初は毎年のように行ってたのですが、

90㎞のショートコースのみしか走っていませんでした。

 

今回は西浦を完全に1周する120km超えのコースです。

途中でどんなトラブルがあるか心配です。

昼食に予定している食堂が大盛りなので食後に動けるか心配で、

また、途中で買う「おみやげ」の輸送も心配、、?

最近は気温が高くなるので、生ものは要注意なのです。

 

そんな不安と問題を解決すべく、

今回は伴走車を用意しました。

スペアホィールも積載してメカトラブルに対応します。

クーラーボックスも積載して、初夏の陽ざしからおみやげを守ります。

ちょっと疲れた参加者を載せることもできます。

 

4月に下見も済ませておいたので、

準備は万全!

いざ、かすみがうらへ!!

 


 

集合場所の駐車場について

今回のように、参加者が多いと駐車場に困ります。

道の駅の駐車場や、運動公園の駐車場を勝手に占有してしまっては、

他の利用者にも迷惑がかかります。

 

主催者として責任をもって、駐車場を手配しました。

今後、サイクリングを企画される方へ

ヒントになれば幸いです。

 

 

前もっての下見で、いくつか駐車場を絞りました。

大勢で駐車しても周囲に迷惑がかからない広さと立地である事。

そして、トイレがある駐車場を選ぶこと。

いくつかの候補を上げて、その管轄者に連絡をします。

 

今回は、西浦北部にある「大井戸湖岸公園駐車場」を第1候補にして

その管轄である小美玉市役所 都市整備課へ連絡しました。

  

常設の駐車場だと22台で満車となってしまうのですが、

この公園の奥には、砂利の広大なスペース(多目的スペース)があります。

ここを駐車場に使わせてもらえば、他の利用者の邪魔にはならないです。

 

大出のアイディアを小美玉市役所の担当者に相談すると

快く理解してくれました。

その手続きのため、Webより行為許可申請書をダウンロードし、

必要事項を記入して

小美玉市役所へ郵送しました。

 

数日後、大出のもとへ使用許可証が届きました。

これで、リベルタスクラブは当日堂々と公園を利用する事が出来たのです。

 

当日に集合した参加者は20名。

20台の自動車を置いて行くには十分なスペースでした。

 


 

2018年 5月 6日(日)

 

ゴールデンウィーク最終日の日曜。

明日から仕事だから出かけないでゆっくり過ごそう、と考えるような人じゃないのか

早朝7時に100kmほど離れた県外集合だ、と言うのに

19名のクラブ員が集まりました。

 

 

ここ、大井戸湖岸公園は、霞ヶ浦西浦の北端にあります。

土浦市より栃木県寄りなので、距離的にも近く、

周囲には何もない(失礼)ので、

大人数で集まっても迷惑が掛からず、怒られないのです。

 

 

水場もあるし、トイレもあるし、

自動車で霞ヶ浦サイクリングに来るなら、とても良い場所だと思います。

http://www.city.omitama.lg.jp/0527/info-0000002301-1.html

 

昼食の「しをみ食堂」から近いのも助かる、、。

 

今日の参加者をご紹介します。

水谷さん、吉田さん、岸さん、森本さん、佐間田さん、

黒川さん、白瀧さん、黒崎さん、鈴木さん、小平さん、

大島さん、上野さん、山本さん、久保寺さん、田村さん、

寺田さん、菊地さん、浅井さん、牧田さん、(途中合流:濱野さん)

そして、撮影&伴走運転係:大出の21名です。

 

7時40分出発。

目標地点とそこまでの距離を書き入れたカンタンな地図を配っておきました。

この大井戸公園から左回りに走ります。

 

 

 

 

 

  

最初は、43km先にあるどら焼き「志ち乃」を目指します。

次は、72.5kmの「こうのの大福」で、

次は、98km先の「しをみ食堂」、

次は、113km先の「道の駅たまつくり」、

最後は、122.4㎞で1周となります。

 

湖畔沿いのサイクリングロード(?)は道幅が狭く、

しかも、釣り人が路上駐車するので

意外と気を使います。

 

伴走車を軽ワンボックスにして良かった!

ハイエースで来てたら、すれ違いが困難だったと思います。

 

伴走車は基本的に集団の後方を走りますが、

時々、撮影のため前の方にも行きました。

 

ほぼ最北端地点にて信号待ち。

この先の湖畔沿いは未舗装なので、

しばらく県道を走ります。

 

サイクリングロードはずっと湖畔沿いにある訳じゃないです。

霞ヶ浦へ流れ込む川があるところでは、

湖畔沿いに橋がかかっていない場所もあります。

そんな時は

いったん橋のある上流までさかのぼって、

橋を越えたら湖岸まで引き返すのです。

 

ほんの5m先の対岸に渡るために、100mくらい遠回りするので

走行距離が増えます。

 

これが、意外と大変でした。

 

 

広大なかすみがうらを堪能。

 

アップダウンは、ほぼありません。

 

ついでに風も弱かったので、

とても気持ちよく走れたのではないかと、思います。

(伴走車運転は面白くないですが。)

 

 

対岸には、道の駅たまつくりの「虹の塔」が見えます。

そこから霞ヶ浦を横断している橋が、霞ヶ浦大橋です。

ショートコース90kmの時は、この橋を渡ってます。

 

(ああ、走りたい、、。)

 

霞ヶ浦大橋を越えて、

かすみがうら市水族館を通過。

 

田村さん。

今回はニューフレームで参加のため、

慣らし運転中です。

 

 

 

山本さん。

 

 

大島さん。

風が無いので、水面がおだやかです。

 

集団の先頭付近。

撮影のため、たまに先回りして待ち伏せ。

気温もちょうど良い感じで、走りやすかったのではないかと思います。

(とにかく、うらやましい)

 

土浦市街が近くなってきました。

目標地点「志ち乃」へ行くため、途中からサイクリングコースを外れます。

 

おそらくほとんどの人が地図を見ていないだろうから

曲がり角へ先回りして、誘導を行います。

 

この先から県道を走ります。

 

信号待ちからの青信号。

さっきまでのサイクリングロードとは比較にならない道幅。

そして交通量。

 

一般道は実に現実的です。

 

土浦手野郵便局の角を曲がって、

第1休憩ポイントのどら焼き「志ち乃」に到着です。

 

 

 

かすみがうら1周サイクリング大会の時も

コースから外れて、わざわざ立ち寄る銘店です。

店舗の隣に工場があって、

作りたてのどら焼きを販売してます。

 

普通のどら焼きも美味しいのですが、

人気が高いのは栗どら焼きや生クリームどら焼きで

変わった物では、ハスの実が入ったハスどら等があります。

 

 

大量購入の鈴木さん。

全部食べちゃうのかなぁ?

「いや、お土産用に。」

 

そう、今回は伴走車にクーラーボックスも積んであるので

生どら焼きも輸送可能です! 

 

 

お店には店内と店外の2カ所にイートインスペースが設置され、

無料でお茶やコーヒーもいただけます。

とてもありがたいです。

 

どら焼きに満足の黒崎さんと白瀧さん。

次は、大福ですね~!

 

しかし、その前に

土浦市を越えた先にある「航空自衛隊 予科練記念館」で

トイレ休憩を入れました。

 

もともと予定には無かったけど、

この休憩追加は大正解。

 

手前の土浦駅周辺で、自動車は大渋滞していたので

伴走車が取り残されちゃったのです。

 

(ヤバいな~!)

 

 

やむなく正規ルートを外れて、近道を何度か繰り返し。

結果、

予科練記念館は伴走車の方が先に到着しました。

 

予科練記念館のシンボル的存在。

ゼロ戦のレプリカ。

ものすごくよく出来ています。

 

でも、ゼロ戦って、アイボリーホワイトだったかなぁ?

上半分は、緑かシルバーじゃなかった?

 

「初期型のレプリカだからアイボリーで良いんですよ。」

菊地さんは実に飛行機に詳しい。

 

 


ゼロ戦を見る機会など滅多に無いので

みんなで記念撮影。

良い記念になりました。

 

こちらは回天。有人魚雷です。

ゼロ戦と違って、常設屋外展示です。

 

トイレ休憩だけのはずだった予科練記念館を

しっかり堪能して

本来の第2休憩ポイント「こうのの大福」へ向かいます。

 

 

寺田さん。

 

湖畔沿いのルートはくねくねと入り組んでいるので

今回は走りません。

国道125号を東へ走ります。

阿見町から美浦村へ直行。

快適です。

 

時々の信号待ちも

疲労回復にはありがたいのです。

  

信太古橋、と言う地名の場所に到着。

しかし、漢字が読めない!!

信号のルビを見ると、「シダフット」と読むみたいです。

 

新古瀬橋を渡って急な坂を登りきると、

道の左側に、こうのの大福はあります。

 

 

ここはとても人気のある大福屋さんなので、

常に混んでます。

道路の反対側に専用駐車場があり、

駐車場誘導員がいるほど。

 

この周辺で、こんなに混み合うのは

このお店くらいです。

 

駐輪して、さっそく行列に加わります。

大福はたったの3種類で、

つぶあん(草餅)、こしあん(白)、こしあん(さくら)

しかありません。

 

お餅が柔らかくて、すごく伸びる!!

すごい。

以前、補給食として背中ポケットに入れておいたら

見事につぶれてしまって、

ポケットが中身のあんこまみれになったほど、

柔らかいのであります。

 

他の大福じゃ、そんな事にならないのに、、。

 

ここの大福は、持ち歩かずにすぐに食べましょう!

もしくは伴走車に乗せましょう!!

  

 

次の目的地は、昼食のしをみ食堂ですが、

この20名で一斉に行くと入りきれないので

2グループに別れて行きました。

 

迷わないように伴走車は先頭のグループに付きます。

 

かすみがうら最南端の稲敷大橋を越えました。

 

 

最東端の北利根橋までの間に、

起点「0Km地点」があります。

 

看板の文字が消えかけていて、よく解らない、、。 

 

 

国道355号に入り、その後は湖畔沿いのサイクリングロードを北上。

そこで、なんと

濱野さんが途中合流!!

 

集合時刻に遅れてしまったので、単独で追いかけたけど

道を間違えたので追いつけず、

機転を利かせて逆回りをして合流を図ったそうです、、。

その作戦、大成功ですね。

  


しをみ食堂、先発隊が到着。

 

せっかくの到着なのですが、

すでに満席で、数名しか入れず、、。

 

少しづつ入店しているうちに

後発部隊に追い付かれてしまいました。

 

これじゃ、2班に別れた意味が無いですね~! 

仕方なく、全員で入店待ちです。

 

待たされること、30分?40分?

やっと全員入店出来た頃に、

最初に入店したメンバーの料理が、やっと到着。

 

今日の混み具合から、料理の提供も遅れているみたいです。

遅れて入店したメンバーの昼食は

もっと遅くなるのか、、。

 

しをみ食堂の人気メニューは、

この巨大なカツカレー!!

ちなみにこのサイズで普通盛りです。

 

 

食事を終えたメンバーから、次の休憩ポイントへ向かって出発。

しかし、

最後のグループの食事が出る前に、ほとんどのメンバーは食事を終えて

しをみ食堂もお昼の営業が終わりなのか、のれんを下げる始末。

  

集団で行くときは要注意です!!

 

最後のグループも食事を終えて

次のポイントである道の駅たまつくりへ移動。

 

先に到着していたグループは

結局ここで1時間以上待たされてしまいました。

 

道の駅たまつくりから、ゴールの駐車場まで20kmちょっと。

ここからは全員で足並みをそろえて行きます。

 

 

 

午後になって風が出てきました。

湖面も波が立っています。

 

 

遠くに見えていた筑波山も

雲に隠れてしまいました。

 

 

 

 

 

そして、

かすみがうら1周達成の時が、、。

 

お疲れ様です~!

駐車場への入口で、

1周達成の記念タッチ!

 

全員完走!

感動のゴールは、大井戸湖岸公園にて

ハイタッチで締めくくりました。

 

 

あまり参考にならないけど、今回のライドデータ。

 

走行時間 だいたい8時間くらい 伴走車タイム

走行距離 だいたい128kmくらい 伴走車距離

平均速度 16.0km/hくらい 伴走車計測

最高速度 !!!!km/h ※自動車の最高速度は参考にならない


初の霞ヶ浦フル1周でしたが、幸い風が弱かったので

想定していたよりスムーズでした。

 

伴走車を運転するより、自転車に乗っていた方が

絶対に楽しいと思います、、。

 

人気のしをみ食堂は、早めの到着をお勧めします。